アコムでお金を借りるメリットはあるか

数ある金融機関のなかでアコムでお金を借りるとしたら、アコムならではのメリットはあるのでしょうか。

 

口コミを見ると無理のない返済ができるとして高い評価を得ているアコム。自分の経済状況と照らして合わせて考えてみましょう。

 

36歳主婦 職業パートだとどうか

 

アコムの借り入れの条件をみると、「安定の収入」がある主婦の借り入れは可能ということで、アコムのカードローンの申し込みはできるとのこと。

 

私のパート代の年収は夫の扶養に入っているため100万円です。
なんとか50万円あたりは借り入れができそうです。

 

ここでアコムのカードローンの内容を見ていきましょう。

 

・限度額800万円

 

・使い道は自由

 

・年3.0%〜18.0%

 

・返済日は「35日ごと」と「毎月指定規定日」、口座振替の場合は「毎月6日」と3種類から選択。途中で支払いの方法を変えられる

 

・支払いは「むじんくん」自動契約機 、店頭窓口 アコムのATM セブンイレブンのATMでの振り込みが可能

 

以上のことを総合的に考えると、審査の基準もクリアしてると考えて、即日に借り入れができるでしょう。

 

専業主婦とパート勤めの主婦だと、消費者金融での借り入れの制限があるので「条件」の確認を忘れないようにしましょう。

 

アコムで借りる前に確認しておくこと

 

最近はコンビニエンスストアとATMを利用する機会も増えて、ATMの機能も充実していますね。
会社帰りにコンビニエンスストアのATMから返済をする場合、アコムと提携しているセブンイレブンが職場や自宅の近くにあるか事前に確認しましょう。

 

それとアコムの店舗「むじんくん」自動契約機の場所などを把握して、セブンイレブンが近くにない場合は、周辺のコンビニエンスストアのATMが使える消費者金融に変えたりして臨機応変に対応すると、いざという時に困ることは無いと考えています。

 

生活エリア内からアコムを利用することで、メリットなのかデメリットなのかを考えた時、返済する日までにお金を振り込みやすくする視点から考えるのも1つの方法です。

 

自分が利用できやすいかどうか

 

家の近くに提携しているコンビニエンスストアがあることで、アコムを利用することにしました。

 

支払いの滞納だけは絶対避けたいので、利用しやすい消費者金融を探すのが1番です。

 

アコムが利用しやすいのか、そうでないのかは皆さんの住んでいるエリアを踏まえて考えてみてください。

 

アイフルでお金を借りるための条件はあるの?

アイフルでお金を借りる時のことを知っておけば今後の借り入れの際にも損はしないと思い、 いろいろ調べてみました。

 

以前から初めての人に優しいアイフルならではのサービスをフルに利用しないと損ですよ。

 

アイフルで借りるための条件とは

 

アイフルでお金を借りる条件は以下のとおりです。

 

・20歳以上〜69歳未満の収入があること

 

・パート収入やアルバイトなど長期の勤続年数と一定の収入があれば、パート アルバイト 派遣社員 契約社員なら借り入れは可能

 

アイフルは、昔から初めてお金を借りる人に優しい消費者金融のイメージがCMを通して根強く、さまざまな職業やお金の使い方に合わせて、多くのローンの商品を提供しています。

 

例えば、23歳以上の一定の収入があれば「ファーストプレミアムカードローン」の利用ができること。他のカードローンの金利より低く、年4.5%〜9.5%と利息分のお金を軽減できるメリットがあります。

 

また、パート勤め、シングルマザーなどの女性が安心してお金を借りられるように女性専用のローン「サラリ」を利用できたりと柔軟な対応が評判です。

 

サラリの内容を見てみると

 

・対応は全て女性のスタッフ

 

・借りすぎないように限度額は10万円まで

 

・カードローンのカードが女性らしいデザイン

 

・手続きはWEB完結

 

 

最短約30分で即日の借り入れができるアイフルは、初めての人限定で30日間無利息期間を設けており、借り入れをした日の翌日から30日間にお金を返済すると利息分を払わなくて済みますので、有効に利用しましょう。

 

こんな人は要注意

 

20歳以上かつ収入がある人は基本的に借り入れが可能であるアイフルですが、審査が通らない条件もあるんですよ。

 

例えば

複数社から借り入れがある

 

・自己破産 個人再生 任意整理など債務整理を行なった

 

・支払いを滞納

 

無職

 

債務整理を行った。つまり、ブラックリストに載っている場合も、審査を通ることはまず難しいと考えてください。

 

事例で債務整理で借金を完済して5年後に借り入れをしたら審査が通ったという件もありますが、「完済」と「年数」が必要ということ。

 

もう1つアイフルでお金を借りる時に注意する点は「無職」の状態です。今は無職だけど、1ヶ月後に転職先に入社する予定という場合は、審査の段階では「無職」として扱われやすく審査が通りにくい事例があります。

 

「年収の1/3以上」のお金を貸すことを法律で禁じられていることもあり、アイフルでは収入がないことは返済能力が低いのだと判断されていると考えられます。

 

「近い将来の収入が見込める人」より、「現時点で長期間に及ぶ安定した収入がある人」のほうが審査が通りやすいので参考にまでに覚えておきましょう。

 

金融事故がなく、安定した収入がある人が借りられる。

 

消費者金融がお金を貸したい人は「金融事故がない」「一定の収入がある」「勤続年数が長い」人。この3つの条件をクリアしていれば、アイフルでお金を借りやすくなるでしょう。

 

そして、返済実績を積むことより借り入れの増額もできやすくなります。

口コミでも話題の消費者金融アロー。お金を借りても大丈夫?

「審査が甘い」、「ブラックOK」というキーワードで検索してヒットしたのが「アロー」という消費者金融。

 

少し怪しいなと思ったので、アローという消費者金融を調べてみました。

 

消費者金融アローとは?

 

消費者金融のアローは愛知県名古屋市に店舗を構える地域密着型の消費者金融いわば中堅の消費者金融です。

 

消費者金融のサイトでは、アローはおすすめの消費者金融の1つの模様でした。
名古屋市の消費者金融がなぜおすすめなのかは、「顧客拡大」を現在進行系で実施しているためであり、貸付件数がNo.1とも言われています。
アローで借り入れを申し込むと、今の段階で収入がある、または返済能力がある場合に限り、審査が通常より通りやすくなっているようです。

 

また、アローは独自の基準を採用しているため、とくに個人再生を行った人に対しては積極的に貸付をしているとのこと。債務整理による借金の完済が終わってすぐでも、審査の際に伝えるとスムーズに審査が通るかもしれません。

 

ブラックであることを、正直に伝えるかがポイントのようです。

 

アローが闇金ではない理由

 

最初は少し疑いましたが、会社概要を確認したらアローもアコムやアイフルと同じ健全な消費者金融であることが分かったのです。

 

中堅の消費者金融からお金を借りる場合は、ホームページの会社概要を確認すると、消費者金融に必要な登録番号が記載されています。

 

「日本貸金業協会会員」の番号が記載される場合は、その番号で日本貸金業協会から検索ができます。
私が検索した結果、しっかりと「アロー」が出てきたので、「アロー」はきちんとした貸金業者だということがわかりました。

 

闇金の卑怯なやり方

 

法律で沿った営業をしている消費者金融に隠れて、いまだに違法なやり方で貸付けを行っている闇金の存在があります

 

あの手この手で、健全な会社であるかのように見せているような事例が多いのです。

 

日本貸金業協会の登録している社名と同じまたは間違えやすい社名を名乗っている場合もあり、社名と住所、電話番号まで確認してください。

 

分かる範囲ですが、闇金が使っている卑怯なやり方をまとめてました。

 

・廃業した会社の貸付業者の登録番号を不正に利用している

 

・番号を登録している会社と偽ってる

 

・日本貸金業協会の登録している会社となりすましている

 

・社名が同じ

 

・登録番号に近い番号をホームページに載せている

 

・金利があいまい

 

・未成年OKなど謳っている

 

闇金と区別するためには金融庁のホームページ内にある「登録貸金業者情報検索サービス」で検索して、登録番号がヒットしなかったら闇金の可能性が高いでしょう。

 

アローは闇金ではない

 

闇金の見分け方などを載せたために、アローは闇金ではないか?と疑った人もいらっしゃるかもしれません。

 

結論を言います。

 

アローは健全な消費者金融です。安心してお金を借りることができるでしょう。

 

母子家庭になったお金を借りたい時にオススメのローンはある?

3組に1組が離婚する時代。母子家庭として生活を再スタートをする人は珍しくありません。

 

母子家庭は特別な環境でないかぎり決して裕福ではない生活環境であることが多いため、生活費のためにお金を借りたい時が出てくることもあるでしょう。

 

母子家庭に安心して借り入れができるオススメのローンをご紹介します。「女性に優しい」というのがキーワードです。

 

女性専用のローンを使う

 

母子家庭が年々増加していること、契約社員、派遣社員で働く女性が多くなっていることから、金融会社はハードルを低くして「女性専用ローン」の商品を作りました。

 

プロミスの女性専用ローン「レディースキャッシング」はいかがでしょうか。

 

収入のある主婦や学生であれば借り入れが可能。対応も全て女性オペレーターが相談に乗ってくれるため心おきなく利用できるでしょう。

 

レディースキャッシングの特徴

・年利率4.5%〜17.8%

 

・借り入れの限度額500万円まで(総量規制あり)

 

・返済期間最長6年9ヶ月

 

・返済日は5日、15日、25日、月末日のいずれか

 

・使い用途は生活費のみ

 

・WEBからの申し込み可能

 

・三井住友銀行とジャパネット銀行の口座があれば即日の借り入れが可能

 

総量規制があるため、希望金額より少ない金額しか借り入れができない場合もありますが、初回のみ「30日無利息サービス」があり、金額の負担を軽減できる点は大きなメリットだといえそうです。

 

それ以外にも「30日無利息サービス」がある新生銀行「レディースレイク」もプロミスと同じ条件で借り入れが可能です。

 

少ない額を借りたい場合は、アイフルの女性ローン「スラリ」
契約限度額10万円と設定されており、10万円以内の借りたい場合はアイフルを利用するのも良いでしょう。

 

国からの支援を考える

 

離婚が多い今日、父子家庭よりも母子家庭の方が支援する範囲が広いのが国からの支援です。

・寡婦の控除
・母子家庭の住宅手当
・ひとり親家庭等医療費助成制度
・児童手当・児童扶養手当・医療費助成制度
・配偶者死亡の際の遺族年金ら遺族厚生年金
・死亡保険金

などの支援を受けられるので一度役所に行って相談してみるのも良いかもしれません。

 

母子家庭は児童扶養手当が支給され、子ども1人につき月額42,330円です。

 

お金を借りる前に自分が国の支援対象ならば積極的に使うべきです。

 

手当だけではなくこんな制度もオススメです。

 

「母子福祉資金貸付給付金」の中の寡婦福祉金です。
対象は、「20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子」

・住宅資金 貸付条件150万円
返済期間 6年(特別7年)

 

・生活資金 条件につき月額69,000円〜14万1000円が支給 返済期間が5年〜10年

 

双方ともに無利子。

 

金融機関もレディースローンでお金を借りることも1つの方法ですが、国の貸付制度を使って、生活を立て直すことも頭に入れておくと、いざという時に役に立てるはずです。

 

※参考資料「名古屋市 母子父子家庭寡婦福祉資金貸付金」

 

国は母子家庭に優しい

 

国の支援は母子家庭に優しい仕組みになっています。
離婚よりは死別により母子家庭になった人のほうが支給される額は多いですが、最低限の生活は保証されるのでぜひ検討してみてください。